C言語 標準入出力 - stdio.h - [ stdin, stdout, stderr, stdprn, stdaux ]

2008.09.12 Friday | by LRESULT


stdio.hには、標準入出力に関する関数が宣言されています。

ちなみに、標準入出力とは
標準入力 = キーボード
標準出力 = ディスプレイ
標準エラー出力 = ディスプレイ
標準プリンタ出力 = プリンタ
標準補助入出力 = シリアル通信など

と、通常はなっています。

で、それぞれマクロが定義されて
標準入力:stdin
標準出力:stdout
標準エラー出力:stderr
標準プリンタ出力:stdprn
標準補助入出力:stdaux

と、定義されています。

※VC8や、C++Builderには、stdprnstdauxは定義されていないようです。
 MS-DOSの時代で無くなったとかなんとか。






サンプルコード
標準出力のstdoutと、ファイルへの書式付き出力用のfprintf()を使用して
画面へ「Hello World !!」を表示してみます。
#include <stdio.h>

void main(void)
{
  char *str = "Hello";
  fprintf( stdout, "%s World !!", str );
}



結果
Hello World !!
が、表示されました。

これは、fprintf()の出力先を、標準出力:stdout
指定しているので、画面に表示されることになります。

カテゴリ:C言語 stdio.h | 20:12 | comments(1) | trackbacks(0) | -


コメント

管理者の承認待ちコメントです。

| - | 2011/03/27 2:10 PM |

コメントする











この記事のトラックバックURL

http://simd.jugem.jp/trackback/41

トラックバック