C言語 数学関数一覧 - math.h - [ sin, cos, tan, ceil, floor, pow, sqrt, ... ]

2008.09.07 Sunday | by LRESULT


math.hには、数学用の関数が宣言されています。

今回は、これまで記載してきたmath.hで
宣言されている関数一覧です。


三角関数

double sin( double x )
引数xのサインを求める

double cos( double x )
引数xのコサインを求める

double tan( double x )
引数xのタンジェントを求める


残りは続きから...





逆三角関数

double asin( double x )
引数xのアークサインを求める

double acos( double x )
引数xのアークコサインを求める

double atan( double x )
引数xのアークタンジェントを求める

double atan2( double y, double x )
y/xのアークタンジェントを求める


双曲線関数

double sinh( double x )
引数xのハイパボリックサインを求める

double cosh( double x )
引数xのハイパボリックコサインを求める

double tanh( double x )
引数xのハイパボリックタンジェントを求める


切り上げ

double ceil( double x )
引数xの小数点以下を切り上げした値を求める


切り捨て

double floor( double x )
引数xの小数点以下を切り捨てした値を求める


べき乗と平方根、指数と対数

double pow( double x, double y )
引数x の引数y 乗を求める

double sqrt( double x )
引数x の平方根を求める

double exp( double x )
指数関数eの引数x 乗を求める

double log( double x )
引数x の自然対数を求める

double log10( double x )
引数x の常用対数を求める


絶対値、余り

double fabs( double x )
引数x の絶対値を求める

double fmod( double x, double y )
引数x / 引数y の余りを求める
分母yが0の場合は0を返す


整数と小数の分割、指数と仮数の分割、指数仮数から小数点取得

double modf( double x, double *p )
引数x で指定した浮動小数点を整数部と小数部に分割する
整数部は引数p に格納され、戻り値は小数部となる

double frexp( double x, double *p )
引数x で指定した浮動小数点を指数部と仮数部に分割する
指数部は引数p に格納され、戻り値は仮数部となる

double ldexp( double x, double n )
引数x で指定した仮数と、引数n で指定した指数から、
浮動小数点を求める

カテゴリ:C言語 math.h | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -


コメントする











この記事のトラックバックURL

http://simd.jugem.jp/trackback/36

トラックバック