C言語 べき乗 平方根 指数 対数 - math.h - [ pow, sqrt, exp, log, log10 ]

2008.09.03 Wednesday | by LRESULT


き乗の計算には、pow()、平方根はsqrt()、指数はexp()、

対数関数には、log()とlog10()を使います。


pow
書式 double pow( double x, double y )
機能 べき乗の計算
引数 double x : 基数
double y : 指数
戻り値 x の y乗となる、べき乗の値



sqrt
書式 double sqrt( double x )
機能 平方根の計算
引数 double x : 元の値
戻り値 x の平方根の値



exp
書式 double exp( double x )
機能 指数関数の計算
引数 double x : 指数
戻り値 指数関数e の x 乗の計算値



log
書式 double log( double x )
機能 自然対数の計算
引数 double x : 元の値
戻り値 x の自然対数の計算値



log10
書式 double log10( double x )
機能 常用対数の計算
引数 double x : 元の値
戻り値 x の常用対数の計算値





サンプルコード
4の2乗の計算と、その結果の平方根を求める。
また、指数関数e の1乗の計算と、その結果の自然対数を求める。
#include <stdio.h>
#include <math.h>

int main(void)
{
  double a = pow( 4.0, 2.0 );
  double b = sqrt( a );
  printf( "a=%f b=%f¥n", a, b );

  double c = exp( 1.0 );
  double d = log( c );
  printf( "c=%f d=%f¥n", c, d );

  return 0;
}



結果
a=16.000000 b=4.000000
c=2.718282 d=1.000000
「a」は、4*4の16で、16の平方根なので「b」は4ですね。
eの1乗は、2.718282です。
そのeを底とした自然対数は、1.0ですね。

カテゴリ:C言語 math.h | 23:45 | comments(1) | trackbacks(0) | -


コメント

管理者の承認待ちコメントです。

| - | 2015/03/02 12:28 AM |

コメントする











この記事のトラックバックURL

http://simd.jugem.jp/trackback/33

トラックバック