C言語 浮動小数点 「float」型 と 「double」型の最大値と最小値

2008.09.04 Thursday | by LRESULT


動小数点(float型)や、

倍精度浮動小数点(double型)の最大値、最小値はfloat.hに定義されています。
http://simd.jugem.jp/?eid=18
(※参考 - float.h)


Visual C++ 8( VisualStudio2005 )で見たところ、
float型は、
最小値(FLT_MIN)が、1.175494351e-38F
最大値(FLT_MAX)が、3.402823466e+38F
となっていました。

double型は、
最小値(DBL_MIN)が、2.2250738585072014e-308
最大値(DBL_MAX)が、1.7976931348623158e+308
となっています。


C++ Builder6では、
float型は、
最小値(FLT_MIN)が、1.17549435E-38F
最大値(FLT_MAX)が、3.40282346638529e+38

double型は、
最小値(DBL_MIN)が、2.2250738585072014E-308
最大値(DBL_MAX)が、1.79769313486232E+308
となっていました。


カテゴリ:C言語 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -


コメントする











この記事のトラックバックURL

http://simd.jugem.jp/trackback/31

トラックバック