C言語 英数字判定 英字判定 - ctype.h - [ isalnum, isalpha ]

2008.08.20 Wednesday | by LRESULT


数字判定は、isalnum()、英字判定には、isalpha()を使います。


isalnum
書式 int isalnum( int c )
機能 英数字判定
引数 int c : 判定する文字
戻り値 英数字( A〜Z, a〜z, 0〜9 )であれば、0以外を返し、
英数字でなければ、0を返します。



isalpha
書式 int isalpha( int c )
機能 英字判定
引数 int c : 判定する文字
戻り値 英字( A〜Z, a〜z )であれば、0以外を返し、
英字でなければ、0を返します。





サンプルコード
文字列「Aa Bb 1-2*3 Cc」から、英数字と英字を抽出してみます。

#include <stdio.h>
#include <ctype.h>

int main(void)
{
  int i;
  char str[] = "Aa Bb 1-2*3 Cc";

  printf( "英数字を抽出:" );
  for( i=0; i<15; i++ ){
    if( isalnum( str[i] ) != 0 ) printf( "%c", str[i] );
  }

  printf( "¥n英字を抽出:" );
  for( i=0; i<15; i++ ){
    if( isalpha( str[i] ) != 0 ) printf( "%c", str[i] );
  }

  return 0;
}




結果
英数字を抽出:AaBb123Cc
英字を抽出:AaBbCc
と、表示されます。
ちゃんと、抽出されてますね。

カテゴリ:C言語 ctype.h | 23:30 | comments(1) | trackbacks(0) | -


コメント

管理者の承認待ちコメントです。

| - | 2011/04/09 12:10 AM |

コメントする











この記事のトラックバックURL

http://simd.jugem.jp/trackback/15

トラックバック