C言語 システム時刻の差を取得 - time.h - [ difftime ]

2008.11.30 Sunday | by LRESULT


ステム時刻の差を取得するには、difftime()を使います。


difftime
書式 double difftime( time_t t1, time_t t2 )
機能 システム時刻の差を取得
引数 time_t t1 : 差を求める時刻
time_t t2 : 差を求める時刻
戻り値 t1 - t2 の時刻をdouble型で返します。





サンプルコード
何かの処理をした際に、開始時刻と終了時刻の差を求めて
どのくらいの時間かを見てみます。

#include <stdio.h>
#include <time.h>

int main(void)
{
  time_t start, end;
  int i;

  time( &start );
  printf( "開始時間:%d¥n", start );

  /* 何かの処理 */
  for( i=0; i<1000000000; i++ );

  time( &end );
  printf( "終了時間:%d¥n", end );
  printf( "処理時間:%f[秒]¥n", difftime( end, start ) );

  return 0;
}




結果
開始時間:1228059230
終了時間:1228059233
処理時間:3.000000[秒]
と、表示されます。

単純に差を計算しているだけです。
double型で返されても、時間の精度は変わらないので
end - start と計算してやっても結果は変わりません。
通常は、clock()を使ったほうが良いはずです。

カテゴリ:C言語 time.h | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -


コメントする











この記事のトラックバックURL

http://simd.jugem.jp/trackback/148

トラックバック